El diario del bailarin

大航海時代オンラインブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 中南米料理その2
 
ひきつづき南米料理。


ひとまずEUに戻ったのでパルマでオレガノ購入して作成。



うーん・・・木の実4つ消費して作る料理じゃない・・・・かも・・・・w

というわけで残りの一つ。


だが、材料が



まさかのミント。






ミントミント〜〜♪


で、できた料理がこちら。



なんか名前が秀逸すぎるわwwwというかそのまんまデスwww
あれだね、この料理・・・艦隊追加効果でラリッさわやかになるんだねwwww
これは何かネタとして料理のレパートリーに取り入れたいなぁ・・・wミントミント〜♪
今度の大海戦で是非どうぞ〜♪

わけがわからないよというかたは↓の元ネタ
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:26 | category: お料理のこと |
# 中南米料理追加について
 
wikiの情報にも上がってましたが、今回のアプデートでなんと料理の追加が!!
というわけでさっそく作ってみましたよ〜。

といってもクランベリー持ってパナマ行っても何もなかったよ!!!!!w
念のためリマにも行ったけどアジア行きの商人クエしかなかった件。
念のためカリブの酒場の兄ちゃん廻ったけど全然それらしきがないので、今ジャガイモとトウモロコシ持ってEUへ帰宅中です。


で、追加された中南米料理はこちら。













で、ひとまず上記3つを先につくってみたよー。











・・・・・・・


な、な・・・・・




なんじゃこりゃぁあああああw






せ、せめて料理名・・・・なんとかならなかったの・・・?w

てかクランベリージュースがみあたらないなうw
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:23 | category: お料理のこと |
# ネット不通になってました。
おひさしぶりの更新です(;・∀・)訳あってネットにつながらずDOLにINできませんでした。
おかげで情報提供もできなくて1週間涙目状態でした・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


そんなこんなで7月ですね!
いつものようにフィレンツェでレシピ増えてるか見に行くと・・・

なんとロレンツォさんのレシピが「冷たいお菓子の保存法」のものに!!!
でもちょっとまって!釣鐘ドレスのレシピが消えてるんだけど・・・w
こ、これはもしかして月替わりでレシピが変わってる???!!
裏キャラは縫製とかないから産業貢献値とか減ってなくてこの状態だから余計パニック。
まあ、マツリで1着作ったからいいけど・・・なんか微妙なシステムだ(´・ω・`)

というわけで。




冷たいお菓子といえば、そう、以前からこのBLOGでもお伝えしていたあの料理。
アーモンドシャーベットですよ。ようやくお披露目となりましたので作ってしまいました。
てか、これ保管レシピってどうゆうことなの・・・・w

で、必要な材料なんですが
アーモンド10に硝石5、フルーツの盛り合わせが1です。
硝石はアイスを作るのに冷やすためなのです。
じつは昔のアイスクリームは硝石を使ってつくられていたのですよ。


----------------------------------------------------------------------------------------------


乳製品を天然の氷や雪で冷やして食べる習慣は紀元前より見られた。ユリウス・カエサルアレキサンダー大王が乳や蜜に氷や雪を加えて飲んだという話が伝わっている。また、もともとは3000年以上に中国で作られた菓子であるとマルコ・ポーロは伝えている。彼が中国で乳を凍らせたものを食べ、その製法をイタリアに伝えたという話もある。

16世紀初頭にパドヴァ大学のマルク・アントニウス・ジマラが常温の水に多量の硝石を溶かすと溶解熱により吸熱し、冷却することを発見した。また16世紀中ごろにはベルナルド・ブオンタレンティBernardo Buontalenti (1536 – 1608)が氷に硝石を加えることで-20℃程度まで温度が下がることを発見した。この原理を利用して人工的に食品を凍結させるという技術が可能となった。もちろんその水溶液から硝石は何度でも回収できる。

現在のアイスクリームの原型は16世紀中ごろ、フィレンツェでブオンタレンティがメディチ家のために創作したセミフレッドズコットとされている。フランスのオルレアン侯アンリ(後のアンリ2世)に嫁いだメディチ家カテリーナ・デ・メディチ(Caterina de' Medici、1519年 - 1589年)が、菓子職人とともにズコットをフランスに持ち込んだと言われる。


※wikipediaより抜粋



-----------------------------------------------------------------------------------------------



ということで材料かき集めて作りました。どーん。




・・・・・(;^ω^)



フルーツの盛り合わせの回復量を下回ってますけど・・・・



なんで保管の貢献値200も使って1こしか作れない料理がフルーツの盛り合わせ>>>>>>>>>>>越えられない壁>>>>アーモンドシャーベットなのよwwww
おかしいでしょwwww


もうね、運営に力の限り文句言いたいんですけどwwwww
あまりに腹たったので不具合で送ってやろうかしらwwwww


とりあえずチャプ2には期待しないから3で料理増やしてほしいです。マジで。



| comments(0) | - | 23:04 | category: お料理のこと |
# すっかり本業わすれてしまいます
 

共有倉庫を圧迫してるのは服だけじゃないのです(笑)の図

PFから出てくる食料品がもったいなくてついつい料理してしまいます。
もちろん艦隊料理とかも作ってるんですけどね。
南蛮でバブリーに稼げるのもいいんですけど、ヨーロッパのあちこちを移動しつつ料理作って、料理が売れた時の喜びをちょっぴし噛みしめつつおこずかいを稼ぐのも悪くないと思います。
(まあ、いつもこんな感じなのでレベルもなかなか上がらないわけですw)

ところで南蛮バブルのおかげですごく物価上昇してるDOLですが、航海者の皆様の平均所持金・・・いくらくらいもってるんでしょ???400mとか1Gとかポンポン出せるってことは皆様それくらいデフォで持っていらっしゃるのかしら??なんて思ってしまいます。
ちなみにssでも分かるように、マツリは1Gどころか200Mに到達する気配もないほど貧乏人でございます


そういえば、せっかく北米実装されたのに北米料理が作れないのがさびしくてたまりません
でもだからといって特別生産の料理をいっぱい作ろうなんて気はいまのところ全力でありません(笑)
いちおう、まだデータ上にあるらしいけど出てきてない料理ってアーモンドシャーベットでしたっけ?
夏っぽくていいなあとかおもうんですけどねぇ。
ちなみにシャーベット(というかジェラート)はカテリーヌ・ド・メディチという女性(メディチ家の女性ですよ)がオルレアン公アンリの元に嫁いだ際にイタリアの菓子職人も多く連れていったそうで、マカロンやフロランタンなどの菓子類もフランスに広めたんだそうです。もちろん、フィレンツェ料理ももちろん、食器や作法もフランスに広めたんだそうで、それまで手づかみで食べていたフランス料理が洗練されたものになったのはこの頃からなんだそうですって。
そうそう、DOLのカテリーナドレスの元ネタは彼女のドレスからだったりもします。(まあ、ツッコミどころもあるわけですが・・気になる方はWIKIで調べてみてくださいということでw)

なんにせよ、せっかく歴史になぞらえたアプデートらしい料理出してるんだから、回復量もそれにふさわしいものにしてもらいたいところですね。(貢献値もね・・・)







| comments(0) | - | 22:53 | category: お料理のこと |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
大航海時代online TB
『大航海時代 Online』著作物利用規約
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
台湾から・・
Search this site
Sponsored Links